出産内祝いは出産祝いの1/2~1/3の金額が相場

喜びを分かち合う気持ちに感謝を込めて贈る内祝い

出産内祝いは、赤ちゃんが生まれてお祝いをしてくださった方に、お祝いのお礼とともに自分たちの新しい命を迎えた喜びの気持ちをお伝えするものです。内祝いを贈るタイミングに特に規則のようなものはありませんが、おおむねいただいてから一ヶ月後くらいまでに済ますのが適当とされています。
病院や家にお祝いに来てくださった方には、もちろんその場でお礼の気持ちを伝えますが、お祝いを手渡されたのでなく郵送などで届けられた時には、必ずその時点でお礼の気持ちを伝えます。連絡する手段は相手によって変わると思われますが、電話や手紙などで失礼の無いように伝えます。その後内祝いを贈る際には、あらためてお礼の言葉を伝え、一ヶ月の赤ちゃんの成長の様子や赤ちゃんのいる暮らしぶりのエピソードなどを添えられると良いでしょう。

内祝いの基本のマナーは半返し

贈る品の金額については、はっきり決まりがあるわけではありませんが、いただいたものの半額程度のものとするのが一般的です。ただし、高額のお祝いをいただいたときなどは、もう少し低く3分の1くらい、あるいはもう少し低くてもかまわないといわれています。これは、たとえば、比較的身近な方などが、赤ちゃんが生まれた嬉しい気持ちとともに、若い二人の子育ての負担を少なくしたいという気持ちで贈ってくださった場合などに、多くをお返しすることことになってしまい、せっかくの気持ちに沿わない形になってしまうと考えられるからです。
赤ちゃんのお世話で忙しい時期でなかなか難しいことですが、お祝いをしてくださった方それぞれに、合わせた品選びをしたいものです。