5,000円以下の内祝いにおすすめのギフト

もう迷わない!内祝いを選ぶときのポイント

内祝いのギフト選びは、相手のことを考えるほど迷ってしまうものです。ポイントを押さえておけば、迷うことは少なくなるかもしれません。まず始めに、内祝いを贈る相手をリスト化しておきます。相手の家族構成や年代、お付き合いの親密度など、自分なりのポイントを整理しておきます。 ひとつ目のポイントは、内祝いを渡す方法です。相手に直接顔を合わせて手渡しするのか、宅配で送るのか考えておきましょう。ふたつ目のポイントは、内祝いを贈る時期です。食品の場合には傷むことなどを考慮し、日持ちするものを選ぶ必要がでてきます。三つ目のポイントは、贈り側の地域性です。地域によっては、商品券はご法度だったり、お赤飯を必ず添えるなどのしきたり的なことがあったりします。

みんなが選ぶ内祝いギフト、ベスト3!

内祝いギフトベスト3位を紹介します。第1位は、カタログギフトです。相手がカタログから自分の好きな商品を選んで注文するものです。カタログギフトの商品は豊富で、キッチン用品やアウトドア用品、日用品、中には温泉やエステなどの体験シリーズなどもあり、様々なジャンルから選ぶことが出来ます。相手が欲しいものを選んでくれるので、失敗や心配がありません。第2位は、タオルです。タオルは誰でも使うものなので、どんな家族構成でも使ってもらえます。普段自分では買いづらい高級ブランドのタオルにしたり、バスタオルやフェイスタオルなど種類も豊富です。 第3位は、ペアグラスです。カップルへのギフトやオブジェとして、切子や琉球ガラスなどのブランド品を贈るようです。グラスの他に、ペアカップや、ペア湯呑など、二組セットの食器類などもあります。