近親家族からの高額な出産祝いには相場にこだわらない金額でOKな場合も

近親家族からの出産祝い

出産祝いを貰う方として、一番まとまった額を貰う可能性が高いのは実家、義実家です。出産祝いとなると、10万円以上貰うケースも少なくはないと思います。筆者も実家から出産祝いとして10万円をいただきましたが、この時に悩んだのは内祝いについてです。


相場は頂いた額の三分の一から半分とよく耳にしますが、そうなると何を渡せばいいのだろうととても悩みますよね。ギフトカタログでも高額になってくると種類も限られますし、物で渡そうとしても内祝い用の品物で高い物はあまりない為選ぶのに時間がかかってしまうと思います。
会社関係や友人関係の方はすぐに決まったのに、実家や義実家の内祝いがまだ決まらない!というケースはよく耳にします。


そんな時に思い出してほしい事が一つだけあります!

近親家族への内祝いに厳しいルールは無い!

会社関係や友人等に対しての内祝いのマナーとしては、相場が頂いた額の三分の一から半分ですが近親家族に対しては相場というものはあっても、実際それ程厳しいものでは無いんです!


地域や家庭によっては内祝いはいらないと言われるケースもありますし、厳しい方であれば相場通りの内祝いを渡したり、少ない額で内祝いを渡したほうが良いケースもある為、実家や義実家の環境や考えを尊重した上で内祝いを送ることがオススメです。
また、商品券や品物などその家庭毎に暗黙のルールが存在するケースもあるため実家や義実家に相談してから内祝いを探し始めるのがベストかと思います。


せっかく頼んだのに渡せなくなっちゃった、なんて事を避けるためにも一度実家や義実家に相談した上で内祝いを探してみてはいかがでしょうか。